観て聴いて読んで書く

マンガ、アニメ、ゲームなど好きだと思ったものについて無節操に書き綴ります

『ID: INVADED イド:インヴェイデッド』について語りたい②バラバラの世界

あおきえい監督・舞城王太郎脚本のオリジナルSFミステリーアニメ『ID: INVADED  イド:インヴェイデッド』を、皆さんはご存知でしょうか?

前回はこの作品との出会いであるオフィシャルトレーラーの映像やこの作品の概要について語りました。今回から、いよいよ本編についてネタバレしながら語っていきたいと思います。

JIGSAWED

JIGSAWED

  • 発売日: 2020/01/13
  • メディア: Prime Video

 

第1話・第2話【JIGSAWED】

『ID: INVADED  イド:インヴェイデッド』は1月5日の放映初回に、第1話・第2話を続けて放映しました。なんだか太っ腹だなぁなんて思って見てたのですが、これには大きな意味があったのです。

物語が続いているということもあるのですが、第2話を見終えると第1話でのキャラクターたちのセリフには全て意味があり、無駄なものが一切無いことがわかり、この作品の構成の巧みさに衝撃を受けると思います。この作品を観ていただく際には、ぜひとも第1話・第2話を間をおかずに連続して観ていただきたいと思っています。

『ID: INVADED  イド:インヴェイデッド』は、奥へ奥へと潜り込んでいくような緑色の光の映像の後、男がベッドで目覚める所から唐突に始まります。

彼の目の前には真っ白な空間。それを確かめるように男は手を伸ばしますが、その腕は、ブツンッブツンッと音を立ててたちまち輪切り状に切断されていきます。彼の腕も脚も胴体さえも、いえ彼の体だけではなくこの世界そのものがバラバラに分解され、白い空間に漂っているのです。

 

俺に何が起こったんだ? 何も思い出せない。
俺は誰だ? 俺は誰だ?

 

目覚めると自分の記憶が失われている上に理解できないような状況になっていてれば、誰でも取り乱してしまいますよね。しかし、彼はバラバラになった腕で自分の意思通りに壁を叩くことができることに気づき、すぐに冷静さを取り戻します。そしてバラバラになった体を繋げぎ合わせながら、この状況について推理を始めます。津田健次郎さんの推理を繰り広げるひとり語りはこの作品の特徴のひとつで、その語りはとても心地良く耳に入り、アニメを見ているのに、まるで演劇を見ているような不思議な感覚にさせられます。

白い空間に銀河の星のようにバラバラになった街や家が漂っている中に、自分以外の人間の姿を見つけ、男はその部屋を引き寄せます。しかしその部屋にいたのは、胸をナイフでひと突きされて死んでいる白いワンピース姿の少女でした。

 

カエルちゃん…

 

初めて見た少女の死体。しかし彼女の名前が口をついて出てきます。その瞬間、彼は「名探偵」として覚醒したのです。

 

俺の名前は酒井戸。下の名前が思い出せないが、まあどうでもいい。大事なのは俺が名探偵であること。そして俺はこの子、カエルちゃんの死の謎を解かねばならないということだ。

 

自分の名前と使命を思い出した酒井戸は、すぐさま行動を開始します。カエルちゃんの死体が「名探偵」のスイッチになっているのです。

イドでの酒井戸の動向を、外から見守っている人物たちがいます。百貴を始めとする、井戸端のメンバーです。ミズハノメという装置によって作り出されたイドの世界にいる酒井戸の言動を見守り、そこからイドの主である殺人犯についての情報を収集して逮捕に繋げるのが彼らの仕事です。

 

いつも通り慎重にやろう

 

百貴の言葉が示すように、彼らにとって、このような不条理なイドの世界を目撃するのは日常です。

今回、酒井戸が投入されたのは「穴あき」と呼ばれる、電動ドリルで頭に穴を開けて殺すという連続殺人犯のイドの世界。酒井戸がここで見聞きしたあらゆるものから、井戸端のメンバーは「穴あき」を特定できる情報を解析していきます。この時の彼らが交わす会話は、このイドについての推理であると同時に、私たちにイドの世界がどんなものであるかを無理なく理解させてくれます。

そんな井戸端の様子を、さらに外側で眺めている人物たちが現れます。井戸端と同じ警察組織「蔵」に所属する、ベテラン外務分析官松岡と新人の本堂町です。本堂町は初めて目にするイドに素直に感心し、この中に入ってみたいと思わないかと、松岡に尋ねます。純粋な好奇心からの屈託のない質問ですが、それを聞いた松岡は非常に苦々しい表情をします。

なぜならば、ミズハノメの作り出したイドの中に名探偵として入ることができるのは、殺人を犯した者だけ。つまり、連続殺人事件の容疑者のイドの世界で犯人を突き止めている酒井戸は、自らも殺人を犯した人間だということなのです。

松岡は吐き捨てるように本堂町に言い放ちます。

 

連続殺人鬼の殺人衝動そのものの世界だぞ、イドってのは。そんなところで活躍する名探偵が、まともなはずがねえだろ。

 

松岡は、「名探偵」酒井戸に嫌悪感しか抱いていないようです。しかし、イドの中にいる酒井戸の印象は凶悪な殺人犯とは結びつかず、私たちに不穏な感情を持たせたまま物語は進みます。

井戸端メンバーから犯人に繋がる場所の情報を得て、すぐさま飛び出していく松岡と本堂町。酒井戸はバーチャルリアリティに似たイドの世界で、井戸端のメンバーと外務分析官は現実の世界でそれぞれ捜査を行なうという明確な役割分担がされているのです。そして犯人の活動圏内でワクムスビが新たな殺意を検出。「穴あき」こと富久田保津の自宅へと突入します。

一方、酒井戸はカエルちゃんの死体以外の、このイドの世界の住人たちに出会います。彼らも酒井戸と同様に体がバラバラで、どこかしらのパーツが欠けている状態です。井戸端の照合により、この住人たちは「穴あき」による被害者及び誘拐された人たちであることが判明します。彼らはこの異常な状況に何も感じていない様子。しかし「名探偵」である酒井戸は違います。

 

俺は世界のあり方すらも疑っていい

 

全てがバラバラな世界を駆けていく酒井戸。漂う町のパーツをパズルのように次々組み合わせていきます。この時の酒井戸のアクションは軽やかでとてもスタイリッシュです。そして、この世界では欠けた部分が重要な意味を持つと気づく酒井戸。しかし、カエルちゃんの死体には欠けているパーツがありません。

 

そこにいる犯人。カエルちゃんから離れろ!

 

カエルちゃんの死体の欠けた部分と自分の体を組み合わせて身を隠していた犯人、富久田保津が姿を現します。そこにもう一人、唐突に現れた本堂町。彼女は現実の世界で警察を欺き逃走した富久田によって拉致されてしまい殺意を向けられたため、彼のイドに現れたのです。

イドの世界の富久田も、酒井戸をかわして逃亡します。追いかけようとする間も無く富久田を逃すかのように、赤いフロックコートにシルクハットを被りステッキを手にした男「ジョン・ウォーカー」が酒井戸の前に現れ立ちはだかります。「穴あき」以前に逮捕した連続殺人犯たちのイドにも現れていた謎の存在であり、「連続殺人鬼メーカー」とさえ言われている男の出現に、井戸端のメンバーたちの間に動揺が走ります。本堂町の捜索に充てていた人員を、「ジョン・ウォーカー」の情報収集に振り分ける百貴。本堂町の捜査に手を抜いていると松岡は怒りをぶつけますが、百貴から「ジョン・ウォーカー」と名前を出されると引かざるを得ない様子を見ても、その謎の男の存在をどれほど危険視しているかが感じられます。

しかしその時、富久田に拉致された本堂町には危険が迫っていました。業務用の調理台に拘束された彼女は、富久田と対峙していたのです。自分で自分の頭に穴を開けたと言う富久田。彼は電気ドリルを突きつけながら本堂町を脅します。この状況の中で、富久田と自分の居場所を知らせる手段はただ一つ。本堂町は、自ら富久田のドリルで頭に穴を開けにいきます。彼女の頭にドリルが刺さった瞬間、形成される本堂町のイド。自殺という、自分が自分自身に向けた殺意でもイドは形成されるのです。

百貴によって、「穴あき」のイドから間髪おかず本堂町のイドに投入される酒井戸。そこには一本の木があり、先ほどは胸をひと突きされていたカエルちゃんは、このイドでは首を吊って死んでいます。彼女の足元にはサンダルと「これは自殺です」と書かれた手紙。解くべき謎も無く、酒井戸はカエルちゃんと共に巨大なドリルによって貫かれてしまいます。

 

酒井戸、死亡!

 

事務的に報告される酒井戸の死。井戸端のメンバーは慌ただしく本堂町に繋がる情報を吸い上げ、彼女の監禁されている場所を特定します。「ジョン・ウォーカー」についての情報は得られませんでしたが、本堂町を救出し富久田保津を逮捕して、この事件の捜査を無事に終えることができました。

井戸端の緊張感が解け、ほっと息をつくメンバーたち。功労者を労うと言って、百貴は階下の部屋へと降りていきます。その部屋で百貴に鳴瓢と名を呼ばれたその男こそが、ミズハノメのパイロットであり、酒井戸の本体なのです。ここで初めて酒井戸がこの鳴瓢という男のアバターであることがはっきりと示されます。

鳴瓢はイドの世界の中で「名探偵 酒井戸」として捜査に協力し、活躍をした人間です。しかし百貴は近づこうとはせず、かなりの距離を保ったまま彼に言葉を掛けます。百貴は刑事であり、鳴瓢は囚人。共に捜査を行った者ではあっても、距離を縮めることは出来ないのです。それでも百貴は鳴瓢を気遣うような言葉をかけます。

颯爽としていた酒井戸と同じ声で、ボソボソと答える鳴瓢。事件捜査について振り返りを語り合う彼らのやりとりはとてもスムーズで、このような会話を過去に何度もしているのだろうと察せられます。

鳴瓢は、イドの中で記憶がないことにも死ぬことにも慣れ、カエルちゃんの死体に会うのは死んだ娘への面会のようだと百貴に語ります。その言葉から、鳴瓢がカエルちゃんの死体を隠れるために利用した犯人に対して怒りを感じていると気づく百貴。

 

二度と誰かを自殺に導こうとなんてするな

 

説得するような百貴の言葉に対し、鳴瓢は挑発的にふてぶてしい口調で答えます。

 

二度と? 五度と、の間違いじゃないですか?

 

捜査に協力しているとはいえ、彼は殺人犯。鳴瓢が殺人の他にも、酒井戸としてイドに潜った連続殺人犯を、今までに4人も自殺教唆で死に追いやっていることがうかがえます。酒井戸である時の彼と殺人犯である彼の印象の落差に愕然とすると同時に、以前2人の間にはあったであろう気安さが、今は消え失せてしまっていることを感じさせられるのです。

壁に何枚もの家族写真が貼られている鳴瓢の独房。彼はベッドに横になり、本堂町のイドのことを思い出します。

 

君の選んだ死は首吊りなんだ。ドリルで貫かれることじゃなくて

 

本堂町のイドで、ドリルに貫かれるのは自分だけで良かったのだと悔やむ鳴瓢。しかし彼が今いくら手を伸ばしても、そこには独房の天井があるだけです。

「名探偵」としての頭が切れ冷静な彼と、暗い目をした殺人犯としての彼と、カエルちゃんを救えないことを悔いる彼と。どれが「鳴瓢秋人」の本当の姿なのか。

たくさんの謎が散りばめられた物語が幕を開けたのです。

酒井戸

次回は『ID: INVADED  イド:インヴェイデッド』の第3・4話について語っていきます。

 

前回は『ID: INVADED  イド:インヴェイデッド』との出会いについて語っています。ご興味を持っていただけた方は、こちらからどうぞ。

isanamaru.hatenablog.com