観て聴いて読んで書く

マンガ、アニメ、ゲームなど好きだと思ったものについて無節操に書き綴ります

BL『全員起立!私立BL学園高等学校』について語りたい

皆さんは晴川シンタ先生の商業BL『全員起立!私立BL学園高等学校』という作品をご存知ですか? 私は晴川シンタ先生のカラフルで可愛らしい絵柄がとても好きで、全作品購入しているのですが、その中から今回はこの作品について語りたいと思います。

タイトルの開き直りっぷりがなんとも言えず、思わず初めて見たときに笑っちゃったのですが、作品の中身もかなりあっけらかんとキワドイことをやっています。

ガッツリ性描写がある作品なので、未成年の方はごめんなさい。大人の方だけこの先をお読みくださいね。

ネタバレが含まれるので、ネタバレダメという方は注意してお読みください。

 

BL学園ってどんな所?

この作品はタイトルにある通り、私立青嶺学園(通称BL学園)という私立高校を舞台とした作品です。このBL学園、全寮制で偏差値も高く大学卒業後の一流企業への完全就職が約束されているという学校なのですが、すごいのはそれだけではないのです。

なんとこの学校は、学生同士が番となって「攻め」「受け」の教育を履修することになっているんです!
だってBL学園なのですから!

この作品の主人公である相原総介(あいはらそうすけ)は、親が転勤ばかりだったこともあって寮生活に憧れてこの学校を受験、どうやら優秀な成績で合格を果たしたらしく奨学金まで出るとあって、飛びつくように入学を決めました。入学式での新入生代表としての挨拶も無事に終え、早速クラスメイトの田中守と仲良くなり、幸先のいい高校生活のスタートを切った総介。

 

ぶっちゃけ勉強より親友が欲しい。
あわよくばカワイイ彼女も欲しい。

 

全くこの学校のシステムも知らずに入学してきた総介はこんなことを言って守を慌てさせます。しかしこんなことを言っている総介ですが、実は過去最高の成績を納め、学年一の「受け」として鳴り物入りで入学していたのです‼︎ スゴイ‼︎

総介が「受け」ということは、当然「攻め」のパートナーがいます。彼のパートナーは、なんと3年生の先輩で学校一の「攻め」である江口景(えぐちけい)

 

今日からお前は俺と「組む」ことになったから

 

総介は江口先輩とペアで「専攻別授業」を受けることになります。江口先輩に連れ込まれた教室には、露骨にマットが敷かれタオルが置いてあります。しかしまだ自分の置かれた状況が理解できていない総介は、いきなりキスをされ押し倒されるという事態に大混乱。江口先輩に説明されて初めて、総介は自分が自らの意思とは関係なく「受け」として入学したのだということを知ることになるのです。

 

男同士で…セ…セセックスするってこと⁉︎

 

取り乱し、実家に帰ると大騒ぎする総介。慌てて守がなだめているところに、江口先輩が総介を迎えに来ます。もちろん待ち受けているのは、あの「専攻別授業」です。

この「攻め」「受け」がペアになって行う「専攻別授業」は、なんと単位が基本授業の4倍(!)となっており、蹴ってしまえば即留年が決定してしまうのです。これで総介は「専攻別授業」から逃げ出せなくなってしまいましたね。何という設定‼︎ ブラボーです。

初めてだというのに江口先輩に指を挿れられて、たちまちお尻だけでイッてしまう総介。江口先輩からはお前の体は正真正銘「受け」だと言われ、お尻だけでイッたことに驚いたクラスメイトたちに「秘策があるのか?」などと言われて、総介はがく然としてしまいます。

「どうしても無理だったらセックスしない人もいるから」と守に言われて、総介は少しホッとします。しかし忘れてはいけません。ここは「攻め」と「受け」がペアになって行う「専攻別授業」があるようなBL学園です。学校の全てがセックスありきで進んでいくんです。

ペアの2人は必然的に一緒に過ごす時間が多くなります。それまでは強引な印象ばかりだった江口先輩の人となりを知るようになり、警戒していた総介の気持ちは徐々に緩んでいきます。そして江口先輩には過去に自分以外のパートナーがいたのだということに思い至り、モヤモヤとした気持ちを抱くようになっていきます。

ですが、このBL学園では「攻め」と「受け」がパートナーになるということ自体が成績に関わってきます。つまりこの学園では「攻め」と「受け」のパートナーとなってセックスしていたとしても、それは必ずしも相思相愛だからということではないのです。実際に江口先輩の過去のパートナーたちは、彼と組めば良い成績が取れるという下心を持った人間ばかりでした。でも何も知らずに入学してきた総介にそんな下心など全くありません。計算も何もなく素のまま自分に接してくる総介に、江口先輩も今まで感じたことのなかった感情を抱き始めていくのです。

 

ちょっと一波乱

そんな2人の様子を苦々しい顔で見ている人物がいました。江口先輩の前のパートナーである蓮道寺ミズキです。自分の前では見せたことのない江口先輩の表情に、ミズキは学校一の「受け」は自分だと、打倒総介を誓います。

本当に江口さんのパートナーなの? なんの魅力もないじゃん

敵対心剥き出しで総介に絡んでいくミズキ。それだけではありません。すでにパートナーを解消されたにも関わらず、彼は江口先輩に「もう一度抱いて」と一方的に迫っていきます。その現場を偶然目撃してしまった総介は、気まずさから江口先輩を避けるように。そこでさらにミズキは追い討ちをかけるように、金で釣った連中に総介を襲わせるのです。シャツをはだけさせられ、羽交い締めにされてしまう総介。

そこに現れる江口先輩‼︎

ミズキの猛攻に全く心を揺さぶられることもないばかりか、総介のピンチに現れて連中を1人で撃退してしまいます‼︎ さすが学校一の攻め‼︎ 良いですね~。カッコイイです。

 

俺の傍からもう離れるな

 

江口先輩は総介にくちづけ、好きだと気持ちを告げます。

しかし総介はその江口先輩の言葉にうれしいと感じながらも、自分の『男』としての部分が違うと言っている気がして素直に「はい」とは言えず、答えをはぐらかしてしまいます。そのことでウダウダと悩んでいる総介。見かねた守が提案したのは、なぜか江口先輩との「決闘」でした。

学年一の「受け」の総介が学校一の「攻め」である江口先輩に決闘を申し込んだということで、大勢のギャラリーが集まってしまいます。江口先輩が勝ったらはぐらかしてしまった答えを言うと宣言する総介。総介が勝ったらどうするつもりなのかな〜ということはさて置き、「サクランボの茎結び」なんていう「攻め」が勝つ以外に考えられない内容で2人は勝負をし、江口先輩があっさり勝利します。

勝負あったということで、無事に江口先輩にお持ち帰りされた総介。専攻実技室で2人きりとなり、ようやく自分の素直な気持ちを口にします。

 

俺 江口先輩が好きです

 

はい。ここは専攻実技室です。マットもローションもコンドームも、必要なものは全て揃ったお部屋です。もちろん2人は気持ちを確かめ合います。

 

俺に全部任せればいいから

 

緊張しまくりな総介に対して、余裕たっぷりな江口先輩。けっこうなページを割いてラブシーンが続きます。そして無事に結ばれてキスを交わす2人の表情。見ていてホンワカしてしまいます。

 

この作品ってすごくない?

この作品の肝は『最も自分に合った職業を見つけ出す為』という大義名分で、入学時の成績で「攻め」「受け」を決められ、ペアとなって専攻別授業で「実践=セックス」を行うという、荒唐無稽な設定です。こんなただただセックスをさせたいがための設定で進む物語、普通ならば登場人物たちがただセックスするばかりで読んでいてもウンザリしてしまいそうです。もちろんこの作品では、江口先輩が総介に性的な指導をしている場面が多く、描写もしっかりあります。ですが、なぜか読んでいてエロというよりも可愛らしさが残るのです。

クラスメイトたちは「専攻別授業」について屈託なく話しますし、江口先輩はあくまでクールでガッつくわけでもなく、総介に無理強いすることもありません。

なぜならばこれは、あくまでもこの学校の「カリキュラム」だから。

その設定のおかげで、手順を踏んで少しずつカリキュラムを進めていく中で、どこか冷めている江口先輩と表情豊かで明るい総介の2人の心が少しずつ距離を縮めているのだということがしっかりと感じられるのです。

セックスをメインに据えたあり得ない設定のBLだというのに、明るい学園コメディを読んでいるような楽しい印象を持たせてしまうこの『全員起立!私立BL学園高等学校』という作品、ちょっとすごくないですか?
私はとっても好きです。

 

前回は海島千本先生の短編集『プリズムの咲く庭』について語っています。興味を持っていただけた方はこちらからどうぞ。

isanamaru.hatenablog.com